クレジットカード

クレジットカードも一種のステータス

景気の良い人々にとってクレジットカードも一種のステータスのようです。クレジット決済企業のVISAが超リッチな人々のために、純金とダイヤモンドでできたクレジットカードを発行し始めました。総重量0.17カラット、26個のダイヤモンドを散りばめ、純金で作られた製造コスト10万ドルのカードはクレジットカードとしての実用性も残しつつ、トップエリート層のステータスシンボルとしての役割も担っています。複雑な文様と狩人の図柄が刻印されたデザインは普通のクレジットカードとは一味もふた味も違うオーラを醸し出しています。40gから50gの重さがあるにもかかわらず、磁気ストライプが存在しないので、キャッシュマシーンに挿入することはできません。チップアンドピン(番号と本人確認による決済)でしか使用できないというクレジットカードです。従来のプラスティック型VISAカードの代わりとしてではなく、付属品として所持するものと考えるべきではないかと思われますね。VISAの広報によると「資源大国として経済成長をするカザフスタンでは、エリート層などにステータスシンボルとしてこの手のカードの需要は増加しています」とのこと。VISAクレジットの最高クラスであるINFINITEの会員は世界で40万人いますが、そのうちの2000人はカザフスタン在住であると言われています。でも私たち普通の庶民にとって、今クレジットカードがはじめてならおすすめはこの定番のカードがいいと思いますね。

Comments are closed.