キャッシング

中小消費者金融のキャッシング

離婚した時に慰謝料はもらったんだけど、養育費の振り込みが全然ない。仕事がなかなか決まらなくて、慰謝料で生活をしてたので、すでに慰謝料はほとんどなくなってしまった。やっと正社員では仕事につけたのですが、保険の仕事なので正社員とはいえ歩合給的な要素が大きくて。しかも経費が全く出ないのでお客さんに渡すティッシュ1個から自腹なんです。しかも子供が熱が出たりしたら仕事にいけないので、その分給料が下がるし。養育費をあてにしていたのでほんとに困る。でも連絡を取るのも嫌だし、一回電話したんだけど、完全に無視されてホントに腹がたって、もう二度と連絡しない!って決めました。でもお金に困っていることは事実で・・・このままでは子供と一緒にどうにかなってしまいそうなので、お金を借りようかなって思ってる。契約が沢山取れた月はかなり給料がいい時もあるので、そういう時にきちんと返せば大丈夫かな?ってシングルマザーでも中小消費者金融のキャッシングでお金を借りられたっていうクチコミとかもあったし。私も一応は正社員だし、今まで借金したことがないので多分大手カードローンでお金をかりられるかな?って思ってます。とりあえず金利が低い銀行のカードローンを申し込んでみて、ダメだったら中小消費者金融のキャッシングを申込もうかな?って考えています。

キャッシング

10万円

別れた旦那から養育費が入ってこない。半年前から振り込みが滞ったまま、それっきり・・・まあいずれはそうなるかなとは予想していたけれども、予想以上に早い段階での養育費のストップ。かなり厳しい現実を突きつけられました。これも想定しての離婚だったので仕方ないなとは思っていますが。それでも家賃や保育園代、光熱費、どうしても払わなければならないお金って毎月決まっています。それを差し引くと生活するお金がほとんどなくなる月もあります。正社員の仕事がなく、契約社員の私は時給制なんです。なので子供が熱が出たりして会社に行けないと給料が減ります。インフルエンザなどで1週間近く休むことになった時などはかなり厳しくなります。そんな時はカードローンでお金を借りて、なんとかやり過ごしています。シングルだし収入もそれほどないので私のカードローンの借入限度額は10万円です。でも10万円もあればとても助かることが多いんです。シングルの私がキャッシング10万円のお金を借りられるというだけでもありがたいと思っています。シングルマザーは社会的にはかなり地位が低い扱いですから。なのでカードローンを申し込むまではもしかしたら断られるかもしれないな、と思ってました。カードローンの契約が出来た時はとても嬉しかったです。

クレジットカード

クレジットカードも一種のステータス

景気の良い人々にとってクレジットカードも一種のステータスのようです。クレジット決済企業のVISAが超リッチな人々のために、純金とダイヤモンドでできたクレジットカードを発行し始めました。総重量0.17カラット、26個のダイヤモンドを散りばめ、純金で作られた製造コスト10万ドルのカードはクレジットカードとしての実用性も残しつつ、トップエリート層のステータスシンボルとしての役割も担っています。複雑な文様と狩人の図柄が刻印されたデザインは普通のクレジットカードとは一味もふた味も違うオーラを醸し出しています。40gから50gの重さがあるにもかかわらず、磁気ストライプが存在しないので、キャッシュマシーンに挿入することはできません。チップアンドピン(番号と本人確認による決済)でしか使用できないというクレジットカードです。従来のプラスティック型VISAカードの代わりとしてではなく、付属品として所持するものと考えるべきではないかと思われますね。VISAの広報によると「資源大国として経済成長をするカザフスタンでは、エリート層などにステータスシンボルとしてこの手のカードの需要は増加しています」とのこと。VISAクレジットの最高クラスであるINFINITEの会員は世界で40万人いますが、そのうちの2000人はカザフスタン在住であると言われています。でも私たち普通の庶民にとって、今クレジットカードがはじめてならおすすめはこの定番のカードがいいと思いますね。

クレジットカード

私はクレジットカードを利用していません

主人がクレジットカードでキャッシングをしていました。
クレジットカードの利用明細書は主人が管理していて私は見たことがなかったのです。普段クレジットカードは主人のみが使い、私はクレジットカードを利用していません。銀行の通帳は私が持っているので通帳記入は私がしていました。
あるときから主人のクレジットカードの引き落とし額が少し多いなと思い始めました。まあ何かを買ったのだろうとその時は思っていたのですが、それがずっと続くようになっていたのです。あれ?と思って主人の机の上にあったクレジットカードの利用明細書を何気なく見てみたのです。するとクレジットカードのキャッシングの欄に数字が書いてありました。それが10万単位でのキャッシング。月々はリボ払いになっていたので2万円ずつの返済になっていました。それでも残高は結構な金額になっていてとても驚きました。
仕事から帰ってきた主人に聞いてみると「勝手に人のものを見た」と言って起こるばかりで何に使ったのかは全く答えてくれませんでした。
そのまま利息を払い続けるのが勿体ないと思い、主人の親に残高を全額支払ってもらい、少しずつ返済をすることになりました。本当に恥ずかし話です。

クレジットカード

発行したクレジットカードであれば

最近では、格安航空機の登場もあって、気軽に海外へ旅行に行けるようになりました。海外では、観光や食事を楽しむ以外にも、ショッピングを目的として旅行を計画される方も多いでしょう。しかし、海外では日本のように比較的治安が安定していないところも多いです。スリや盗難などにあって、旅行に必要な所持金を全て奪われてしまうようなこともあります。海外旅行に行かれる際は、大金を現金で持っていることはとても危険です。そんなときに役に立つのがクレジットカードの発行です。発行したクレジットカードであれば、換金などの手続きをすることなく、日本でショッピングをするときのように支払いをすることが出来ます。また、万が一盗難にあった際も、すぐにクレジットカードの使用を止める手続きを行えば、お金に関する被害は0になります。ただし、海外旅行で高額の買い物をされる予定の方は、気をつけて頂かなければならないことがあります。それは、クレジットカードの利用限度額です。クレジットカードをクレジットカード 即日発行発行して利用するには、利用者に合わせた利用限度額が設定されています。ですので、きちんと確認をしておかなければ、利用限度額を超える買い物をしてしまうと、クレジットカードが使用出来ないという自体にもなるのです。普段の利用限度額が少ないという方は、クレジットカード会社に申請をすれば、旅行に行く月だけ利用限度額を上げてくれるようなサービスもあります。便利なものですので、是非利用を検討してみて下さい。